黒ずみ原因|黒ずみケア解消

脇の黒ずみの原因とは。

暖かい季節になってくると気になるのが脇の黒ずみです。ノースリーブなどの薄着や水着で遊びたいと思っても脇が黒ずんでいると、人目が気になって着ることがなかなか出来ません。そんな脇の黒ずみの原因とは何かご存知ですか。主な原因はメラニンによる色素沈着です。メラニンは紫外線により生じ、それが日焼けになると考えられていますが、メラニンを生成する原因は紫外線だけではありません。人の肌は外部刺激を受けた際に防御反応としてメラニンを生成します。特に脇は身体の中でも皮膚が弱い部分です。そのため少しの刺激でもメラニンを生成しやすくなっています。そんな脇を脱毛やシェービングをした際にきちんと保湿ケアをしないと、肌荒れをすると共に刺激に敏感になってしまいます。すると少しの刺激でもメラニンを生成して色素沈着を起こし、黒ずみを作ってしまうのです。また、そのような肌荒れにより角質が肥厚し、毛穴詰まりが生じて黒ずみとなっている場合もあります。
このように脇の黒ずみの原因はメラニンであり、それを生じさせているのは脱毛やシェービングといった刺激です。しかし、このような黒ずみはきちんとした保湿ケアをすることで改善することができます。

脇の黒ずみと解消方法について

脇の黒ずみの原因となるのが、メラニン色素の存在です。
肌が刺激を受けた時等に、周辺の肌細胞を守る為に生成される色素で、着ている衣類の擦れ等によっても生成される事になります。
更に、脇の場合、ムダ毛をカミソリや毛抜きを使って処理をしているという人も多いでしょう。
カミソリで毛を剃ったり、毛抜きで毛を引き抜いたりすると、毛穴や園周辺の肌細胞に刺激やストレスを与えてしまう事になり、それが原因でメラニン色素が発生し、そのまま定着すると、黒ずみへと変わっていきます。
その為、脇の黒ずみを解消したいと考えたら、脱毛をして、ムダ毛の自己処理をしなくても良い状態を作る事が有効です。
自己処理をしなければ、刺激もストレスも減り、それにより、徐々に黒ずみが解消していく事になります。
脱毛は考えられないという人の場合は、自己処理をした後、肌のケアをしっかりとしておく事が大切です。
肌が乾燥していれば、新陳代謝にも影響が出やすく、色素沈着が起きやすい状態になります。
ですから、常に脇の保湿ケアを意識しておく事が大切です。
そして、新陳代謝を高めたいと考えたら、新陳代謝を高める効果のあるビタミンの摂取、しっかりとした睡眠時間の確保等が重要になってきます。